現金比率95%、わが家が抱える不安

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは、サリーです。

わが家は、総資産のうちの現金(預金)の割合がザックリ95%ほどあります。

これって実はかなりリスクをおかしている状態なんです。

長らくこんな状態の中、中々投資に踏み切れない私が

  • 自分の気持ちを整理するため
  • 同じような人にわかりやすく伝えるため

記事にしております。

投資はど素人ですが、本や雑誌で勉強中の身です。

目次

現金比率が高くて不安な理由

本や雑誌で何度かみた衝撃的な情報が

最近お金をたくさん刷っているということ。

2016年に発行された、金持ち父さん大金持ちの陰謀という本にも書いてありました。

サブプライム問題が世界を揺るがせた2007年以降、銀連は市中に流通するベースマネーをおよそ1兆7000億ドルまで増やし、通貨供給量は実質的にその前の84年間分の総量の2倍に達した。

金持ち父さんの「大金持ちの陰謀」より

金持ち父さんの「大金持ちの陰謀」 お金についての8つの新ルールを学ぼう [ ロバート・T.キヨサキ ]

数字を見てもわかりませんが、2007年以前の84年間でじわじわ増えてきた通貨供給量がこの数年で倍になっていると分かります。

今では更にお金をたくさん刷っていて、最新の日本の雑誌では

「米国で昨年6月に刷ったお金は、建国後200年分に相当するというデータもある。」というコメントがありました。

今までに無い位たくさん刷っているということは

今後、今までの経験からは予測できない事がおこる可能性があるってことですよね。

特別な何かが起きなくても、現金の価値がじわじわ下がるなら

長い時間が過ぎて大きく目減りして、後悔してしまう気がします。

投資に踏み切れない

私が今株を買えない理由は

「長期で持つ予定なので、今後しばらく上がるかどうかは関係ない。なんか割高な気がするぞ。」

ということ。

コスパ大好きが災いして

チャートをみて、過去より高いとついもったいない気がしてしまいます。

でも、今後上がるか下がるかは誰にも分からない。

きっと、下がるはずだ!と現金を抱えてビクビクするよりは

タイミングを図らずに買ったほうがいいんです。

目的が、資産を分散させることだったら

買った後に下がってしまったとしてもいいはずなんです。

それでも、株ブームな感じがしてならない。

勉強して、目的を明確にしたら買えますね。とにかく急いで投資の勉強をします!!

大切なことは何か。

貯金がある程度貯まってきて、

今のように何を買っても高くみえるときは

得したい、儲けたい気持ちを一旦おいて

「自分がもし大金持ちだったら、どうするだろう?」

と、考えたほうがいいですよね。

自分がもし大金持ちだったら、

手持ちのお金をちょっとでも増やして喜ぶよりも

今後世の中がどう転んでもお金持ちでい続けられるように

いろんな資産に分散して持つと思います。

金融資産に限らず、金を買うなど

ゆくゆくは不動産投資もしたいです。

まとめ

投資ど素人の私が、今のリアルな不安について書いてみました。

まとめてみると、もう今すぐ投資をしたい気持ちでいっぱいです。

物をお得に買える嬉しさを求めすぎて、目的を見失っておりました。

(お得って中毒性があるらしいですよ)

いろんな資産が割高に見えるのは

刷られたお金が資産に流れているからですね。

それを考えると「今後、下がるはずだ!」と言えません。

勉強しながら少しずつ買って不安を解消していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる